母乳に含まれる成分について【お役立ち情報】

亀岡市 産後骨盤矯正 授乳
こんにちは!
 
今日は産後のお母さん、妊娠中のお母さんにも知って頂きたい内容です(^^)
 
 
「母乳は赤ちゃんに良い」というのは百も承知ですが、
 
 
では、いったい何がどう良くて、優れているのか?というところが気になるところだと思います。
 
 
 
赤ちゃんの最初の食べ物として母乳がありますが、母乳の成分には水分補給のための水分だけではなく、
 
 
基本的な必要栄養素(炭水化物、タンパク質、脂肪分など)が含まれていることは何となく知られている範囲かと思います。
 
 
ですが、母乳は単なる普通の食べ物ではありません(*^-^*)栄養以上の価値があるのです。
 
 
 
~母乳の成分について~
(まだ解明されていない部分もあるそうで、上記以外のもので、成分の一部をご紹介していきます。)
 
 
 
数百万の生細胞。
 
生細胞には免疫を高める白血球だけでなく、臓器の発達と治癒を促す幹細胞も含まれています。
 
 
 
1,000種類以上のタンパク質。
 
タンパク質なので、赤ちゃんの成長を助けるのはもちろん、免疫系を活性化させ、脳内のニューロンを発達させて保護します。
 
母乳のタンパク質はすべてアミノ酸でできています。
 
母乳にはこのような化合物が20種類以上含まれています。
 
そのうちのいくつかはヌクレオチドと呼ばれ、夜中に増えます。これが眠りを誘う可能性があると考えられているんです♪
 
 
 
200種類以上のオリゴ糖
 
このオリゴ糖は複合糖質というもので、赤ちゃんの腸に「良い細菌」与えます。
 
これらは血流に侵入する感染症を予防し、脳炎のリスクも低減させてくれます。
 
 
 
40種類以上の酵素
 
酵素は体内の化学反応を加速させる強い味方♪で触媒です(^^)
 
母乳に含まれている酵素は、鉄の吸収を助けるだけでなく、赤ちゃんの消化器系と免疫系のサポートもしてくれます。
 
 
 
成長因子

健全な発達をサポートする成長因子は、腸、血管、神経系、ホルモンを分泌する内分泌腺など、赤ちゃんの身体の多くの部分に影響を与えます。

 
 
ホルモン
 
ホルモンは、臓器や神経組織などの様々な組織にメッセージを送ったり、適切に働くように促すとても賢いホルモンです(^^)
 
赤ちゃんの空腹と睡眠のパターンを規則正しくさせるホルモンもあります。
 
 
ビタミンとミネラル 
 
各臓器の機能をサポートするだけでなく、赤ちゃんの歯や骨が出来るのを助ける栄養素です♪
 
 
抗体
 
この抗体は、免疫グロブリンとも呼ばれます。
 
抗体には5つの基本タイプがあり、母乳の中にそのすべてを見つけることができます。
 
これらは、細菌やウイルスを中和することで赤ちゃんを病気や感染症から守ってくれる働きがあります。
 
 
長鎖脂肪酸
 
脂肪酸の一種で、赤ちゃんの健康的な脳と目の発達を助けます。
 
それだけでなく、神経系の構築における中枢的な役割を担っています。
 
 
1,400種類以上のmicroRNA
 
これらは遺伝子発現を調整するだけでなく、疾患の進行を予防または止めるのを助け、赤ちゃんの免疫系をサポートし、乳房の再形成の役割を担うと考えられています。
 
 
 
等々。
 
 
このように、母乳には様々な栄養成分と免疫に関係するものが含まれています。
 
 
赤ちゃんにとって母乳とは、ただの水分補給ではなく
 
 
身体を守るための大きな役割があることが分かります♪
 
 
 
あと母乳でのメリットという点でよく言われるのが、産後太りを軽減させてくれるという事。

 

1日の授乳で最大500kcalを消費してくれると言われています。(それ以上に摂取カロリーや糖質の多い食事をしていたら変化はありませんが(^^;)

 

これは自転車に1時間ほど乗っている程度の運動量に値するそうです。

 

また、授乳期間中には、ホルモンの影響により、排卵が抑えられ、生理が止まる人が多いです。

 

この間は子宮を休める期間ともなり、産後回復を早めてくれる効果が期待されるんです♪

 

ホルモン(オキシトシン)の作用により、子宮の収縮を促進させ、悪露(おろ)の排泄が活発になる事により回復の効果が期待されます。

 

あと、母乳育児により、骨の石灰化を強化することができるため、

 

高齢になった時に骨粗しょう症になる可能性が低くなるとも言われています。

 

 

そして、もう一つのメリットと言えば

 

赤ちゃんの口腔発達にも効果がるともいわれています。

 

後に歯が生えてきたときの嚙み合わせなど、赤ちゃんの口腔発達にもある程度関係があるといわれています。

 

母乳を飲む時、舌を使ってしごきだす動きをします。

 

この動きは口回りの筋肉を発達させるのに大きな役割を果たします。

 

下の正しい使い方を習得することで、あごの骨を押し広げ、あごの骨の成長を促すことができます。

 

その結果、綺麗な歯並びで歯が生えてくるよう土台を整えることが出来るのです。

 

この点で人工の哺乳瓶を使って育つ場合、舌のトレーニングが十分に行えず歯並びに影響を及ぼすという説も挙げられています。

 

そのため、母乳育児は口腔発達にも大きな影響があると言えるでしょう(^^)

 

母乳育児には精神面のメリットもあります。

 

先ほどもお伝えしたように、授乳中、赤ちゃんはお母さんのぬくもりを全身で感じることができます(^^)

 

授乳中に長い時間触れ合ったり、目で見つめ合ったりすることにより、幸福ホルモンともよばれる「オキシトシン」が活性化されるんです。

 

このホルモンの作用により、お母さんは満たされているという気分になる事が出来ますし、赤ちゃんも精神的に安定します。

 

「オキシトシン」には、前頭葉機能を改善させる抗うつ効果もあります(^^)

 

そのため、赤ちゃんの夜泣きによって睡眠不足になりがちな時期のお母さんの精神を安定させる面でも効果に期待ができます。

 

あともう一つは、経済的なメリットもあります。

 

当然のことですが、母乳は母体から出るものなので費用は一切かかりません。

 

粉ミルクで授乳する場合の費用はおよそ1ヵ月で1万円前後、年間で10万円~15万円ほどになります。

 

尚且つ、お母さんにとっては、外出する時の手間が大きく省けるんです。

 

粉ミルクだと、粉ミルク・哺乳瓶・お湯を入れた水筒等を、毎回の外出で用意しなくてはなりません。

 

外出となると、着替えやオムツなど荷物が多くなるので、完全母乳だとだいぶ負担が軽減されます。

 

そういった意味でも母乳育児は経済的で効率が良いといえるでしょう(^^)

 

24時間web予約はコチラ↓


 

骨盤矯正 整体院 亀岡

産後骨盤矯正 千代川 園部 八木

トップページはこちら↓


骨盤矯正 南丹市 整体院 亀岡

 

漫画でわかる京都かめおか整体院
産後の痛み、腰痛、肩こり、京都市、亀岡
産後ダイエット 京都市 西京区 亀岡
恥骨の痛み、尿漏れ、産後の骨盤矯正亀岡市、京都市、南丹市、西京区

新型コロナウィルス感染予防対策 亀岡市 京都かめおか整体院
産後骨盤矯正、整体院、整骨院
産後骨盤 整体院、整体師おススメ
産後骨盤矯正 亀岡 ちよかわ 南丹
産後骨盤矯正 妊娠中 妊婦整体 骨盤ケア
 
 
 
 
その他関連サイト

 
フェイスブック
 
インスタグラム
 
PRかめおか
 
お出かけサイトいこーよ
 
PRツリー
 
YouTube
京都かめおか整体院ご紹介動画
 
保育士さんの様子
 
Googleページ情報
 
LINEお友達追加で、ご予約やご相談受付中です!